「GE使用率」について

ざっくりとした なんとなくの知識しかなかったため、今回GE使用率とは、ということを調べてみました。
自分の知識の定着のためにアウトプットしつつ、せっかく調べたことなので社員間で情報共有できたらと思い、投稿します。
既にご存知の方々もいらっしゃるかとは思いますが&長文ですみませんが、お時間あるときに目を通していただけたら幸いです。
(※2017.7.10時点で投稿)

●加算
「調剤基本料の加算」における「後発医薬品調剤体制加算」について、本店では規格単位数に占める割合(施設基準として、過去3か月の医薬品の調剤数量のうち、後発医薬品の調剤数量の割合)が「65%以上」に該当することから、「後発医薬品調剤体制加算1」=18点を算定している。
ちなみに西荻店では75%以上であるため、「後発医薬品調剤体制加算2」=22点を算定。

●国の目標、過去の変更
厚労省が掲げる後発医薬品の普及率目標(2016年度末までの目標が「60%以上」だった)
:2017年中頃までに70%以上、2018年度~2020年度末までのなるべく早い時期に80%以上
2015年度まで「55%以上」=18点、「65%以上」=22点だったが、2016年度の診療報酬改定により、点数は据え置きで%が引き上げられている。
→今後も同様に、点数据え置きでの%のみ引き上げ ということがあるかもしれない。
診療報酬改定は2年に一度行われており(次は2018年度)、改定の度に条件が厳しくなることが予想される。

●「後発医薬品の数量シェア(置換え率)」の計算方法
後発医薬品の数量シェア(置換え率)
=【後発医薬品の数量】/(【後発医薬品のある先発医薬品の数量】+【後発医薬品の数量】)
=【3で分類される品目の数量】/【2で分類される品目の数量】+【3で分類される品目の数量】
1:後発医薬品がない先発医薬品(後発医薬品上市前の先発医薬品等)→計算式に関与しない
2:後発医薬品のある先発医薬品
(先発医薬品と後発医薬品で剤形や規格が同一でない場合を含む)
3:後発医薬品

※ただし、下記薬剤・処方は計算から除外
a) 2(後発医薬品のある先発医薬品)のうち、後発医薬品と同額又は薬価が低いもの
Ex.)採用薬では メトグルコ錠250mg
b) 3(後発医薬品)のうち、先発医薬品と同額又は薬価が高いもの
Ex.)採用薬では メトホルミン塩酸塩錠250mgMT「トーワ」
(H28年度の薬価改定で、先発医薬品であるメトグルコ錠250mgの薬価が下がり、後発医薬品と同薬価になったため)
c) 経腸成分栄養剤、特殊ミルク製剤、生薬、漢方製剤、その他の生薬および漢方処方に基づく医薬品
d) 準先発品(昭和42年9月以前に承認・薬価収載された医薬品のうち、薬価差のある後発医薬品があるもの(内服薬・外用薬に限る))
e)基礎的医薬品(H28年の薬価改定より新設。薬価収載より25年以上経過し、かつ汎用され先発医薬品でも後発医薬品でもない医薬品:アスピリン、アレビアチン散、チラーヂンS錠等)
f)公費単独処方 Ex.)生保

<ポイント>
① 1(後発医薬品がない先発医薬品)は式に含まれていないため、新薬のような先発医薬品(後発医薬品が世に出るタイミングは、先発医薬品製造販売開始後10年経過時が一般的)はいくら使用しても関係ない。
Ex.)ネキシウムカプセル、エリキュース錠 等
②数量ベースである→内服薬錠剤であれば、1回の服用数量が多く、1日の服用回数も多く、かつ処方日数の長いものから切り替えた方が置換え率のプラス側への変動が大きい。
(結果が出やすい)
Ex.)ウルソ100mg錠 6T/3×毎食後 90日分 を後発医薬品とした場合、6T/日×90日=540T の後発医薬品使用となる
③計算には薬価収載における規格単位が使用される
Ex.)液剤、散剤、外用剤のカウント方法
ヒアレイン点眼液0.1%:398.50円/瓶
(当店採用の後発薬:ティアバランス点眼液0.1%)
→1瓶処方時に後発医薬品への変更で数量「1」(錠剤で言えば1T相当)
リボスチン点眼液0.025%:131.90円/mL
(当店採用の後発薬:レボカバスチン点眼液0.025%「サワイ」)
→1瓶(5mL)処方時に後発医薬品への変更で数量「5」(同じく5T相当)
ヒルドイドソフト軟膏:23.7円/g
(当店採用の後発薬:ヘパリン類似物質油性クリーム0.3%「日医工」)
→100gで「100」(100T相当)
軟膏では 他に薬価が○円/10g というもの、水剤では△円/mLと□円/10mL等、
同剤形でも薬価単位が異なるものもある。
つまり、ヒアレインとリボスチンが同じ処方量であれば、リボスチンを後発医薬品へ変更した方が貢献度が高い。
④分母は受け付けた処方箋内容により決まるため、どの医療機関の処方箋でも受け付ける旨をうたっている一般の保険調剤薬局では、分子を大きくするしかない。
「今迄後発医薬品が存在しなかったため先発医薬品で調剤していたが、最近後発医薬品が誕生したのを知らずに今迄通りの薬剤で調剤した」となると、今迄計算式に関わらない薬剤だったものが、急に分母(後発医薬品ありの先発医薬品)に入ってきてしまうため、置換え率の低下を招いてしまうことに注意。
特に今年は 6月にミカルディス(テルミサルタン)やエビリファイ(アリピプラゾール)、セイブル(ミグリトール)の後発医薬品が薬価収載・販売開始となり、今後もクレストール(ロスバスタチン)やオルメテック(オルメサルタン)も特許切れで後発医薬品が出てくる予定であるため、ただでさえ分母が大きくなってしまう状態。
該当薬剤の後発医薬品への切り替えに着手する必要がある。
また、2年に一度 薬価改定があり、前出のメトグルコの件のように、「先発医薬品の薬価が後発医薬品レベルまで下げられた」となると、該当する後発医薬品は式から除外されてしまうため注意。
今迄偶数年(直近では2016年)に薬価改定が行われていたが、2018年度からは毎年になる予定。
⑤A医院の処方や、先発医薬品名で記載され かつ変更不可にチェックの入った処方では、後発医薬品への変更ができない。
⑥透析の方達は公費単独ではないため、先発医薬品→後発医薬品への切り替えにより%が変わる。

ジェネリック薬品 ⇒ 粗悪品というメディアの偏向報道があります。
ジェネリック薬品の中にはそういったものもあるのかもしれませんが、生物学同等試験を行い、先発より新しい工場で、優れた基剤を使ったものや剤形の工夫をされたものがほとんどです。
しっかり勉強して、患者さんにとって価格だけでなくメリットが多いものは、ご説明をし変更を提案していきたいです。
なごみ薬局は、未来の子供たちに医療費の負担を背負わせてはいけないと思っています。

 

引用:80%目標の具体的な達成時期については、平成29年6月の閣議決定において、「2020年(平成32年)9月までに、後発医薬品の使用割合を80%とし、できる限り早期に達成できるよう、更なる使用促進策を検討する。」と定められました。
http://www.mhlw.go.jp/…/iryou/kouhatu-iyaku/index.html

新店舗開局のお知らせ 上高田店オープンしました!!

平成29年7月3日 OPEN!!

 

なごみ薬局 上高田店

東京都中野区上高田1−8−13 (宝泉寺すぐそば)

TEL&FAX 03-5942-6080

営業時間

月・火・木・金 9:00〜18:30

水       9:00〜18:00

土       9:00〜12:30

日曜日・祝日休み

全国どちらの処方せんも受け付けております。

心からホッとできる薬局づくりを心がけております。

お気軽にご相談ください。

 

 

上高田ちば整形外科・小児科がなごみ薬局と一緒にオープンいたします!

所在地 東京都中野区上高田1-8-13
診療科目 整形外科、小児科
http://chiba-cl.net

アクセス
東西線 落合駅 徒歩約9分
JR総武線 東中野駅 徒歩約10分
西武新宿線 中井駅、新井薬師前駅 徒歩約12分
駐車場、駐輪場あり

■院長紹介

ごあいさつ

はじめまして。上高田ちば整形外科・小児科院長の千葉直樹です。平成29年10月に開院いたします。
私が整形外科医師、妻が小児科医師であり、これまで各々大学病院や市中病院で勤務してまいりました。
共に地域に根ざした、患者さんに望まれた医療を行いたいという志の下、よく遊んだ従弟の住んでいた上高田のこの地でご縁を頂き、開業の決意を致しました。
体の痛みから解き放たれて元気になり、色々なことにチャレンジしたい患者さん、これまで「老化現象なので仕方がない」や「原因は不明です」という言葉だけでずっと我慢を強いられてきた患者さん。整形外科にはいろいろな悩みで来られる患者さんがいらっしゃいます。
当院ではなるべく体に優しく、侵襲の少ない方法で体の痛みを取るべくご提案を致します。どうしたらよりよい方法が見つかるか、あなたの悩みに前向きに取り組ませてください。
清潔な院内環境の中で、明るいスタッフとともに地域の皆様の「かかりつけ医」になれれば、これ以上の喜びはありません。
初心を忘れることなく、職員一同で笑顔の絶えない明るいクリニック作りを行ってまいりますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

上高田ちば整形外科・小児科院長 千葉 直樹

経歴
昭和大学医学部医学科卒業
昭和大学大学院医学研究科卒業 医学博士取得
東京、神奈川、埼玉の病院勤務を経て
平成25年~石川島記念病院整形外科
平成26年~石川島記念病院整形外科部長
平成29年 上高田ちば整形外科・小児科新規開院予定
資格・所属学会
日本整形外科学会 整形外科専門医
日本整形外科学会 ロコモアドバイスドクター
日本整形外科学会 認定運動器リハビリテーション医
東京都身体障害認定医(肢体不自由)
日本骨折治療学会
日本アロマセラピー学会評議員
主著
平成29年6月 「健康長生き カラダのための ながらロコモ体操(仮)」金園社
平成28年11月 「香りで心と体を整える」フレグランスジャーナル社
平成24年   「香りで痛みをやわらげる~ある整形外科医の処方箋~」フレグランスジャーナル社

■副院長紹介

ごあいさつ

はじめまして。上高田ちば整形外科・小児科副院長の千葉智子です。
これまで、病院や診療所で勤務を続けてまいりました。
核家族化が進み、隣近所との交流も少なくなった現代、社会情勢も変化し、働きながらの子育てが一般的になってきました。小さい子供に関わる機会の少なかったママにとっては、育児は未知の領域との遭遇の連続ともいえると思います。
私自身も子育て真っ只中で、ホームケアの具体的な方法を含めた分かりやすい説明で、お子さまの変調に寄り添います。また、種類が増え複雑化する予防接種についても、スケジュールも含め、ご相談に応じます。
また、こどもの心相談医ですので、なんなりとご相談ください。漢方も含めた内服治療や環境調整のアドバイスなどもいたします。
地域の皆様とともに、未来を背負う子供たちを守っていけたら、と思っております。

上高田ちば整形外科・小児科副院長 千葉 智子

経歴
昭和大学医学部医学科卒業
東京、神奈川の病院、クリニック勤務を経て、
平成24年~まつしま病院勤務
各種メディアへの小児医療へのコラム執筆や、保護者向け への小児科のかかり方、ホームケアについての講演を行う
現在3児の母として子育てにも奮闘中
資格・所属学会
日本小児科学会 小児科専門医
日本小児科医会 こどもの心相談医
日本ACLS協会 PALSプロバイダー
日本周産期・新生児医学会 NCPRプロバイダー
日本小児科学会
日本小児科医会

上高田クリニックがなごみ薬局と一緒にオープンいたします!

上高田クリニックがなごみ薬局と一緒にオープンいたします!
〒164-0002
東京都中野区上高田1-8-13 メディカルプレイス上高田2階

http://kamitakada-cl.com

■ご挨拶

この度、中野区上高田にて開業する事になりました塩尻泰宏と申します。
地域の方々に必要な医療を、日々の生活の中で受けやすい形で提供する事により、貢献していきたいと考えております。
わかりやすい説明と丁寧な診療を心がけ、温もりある診療を行いたいと思います。
お気軽にご相談ください。

院長 塩尻 泰宏

経歴・専門医、認定医等
昭和大学医学部卒業
医学博士
専門:循環器、心臓血管外科、美容外科
日本外科学会外科専門医
日本美容外科学会美容外科専門医
順天堂大学心臓血管外科非常勤助教
陸上自衛隊予備三等陸佐
東京都医師会糖尿病予防推進医
東京都協力難病指定医
ACLS Experienced provider
中野区医師会会員

内覧会のご案内(予定)

2017年7月1日(土)
10:00〜15:00
院内の設備や診療方針などをご紹介させて頂きます。どなたでもご自由に内覧いただけますので、ぜひお気軽にご来院ください。

第一回 アイケアユーCafe「在宅医療でつながらナイト!」

第一回 アイケアユーCafe「在宅医療でつながらナイト!」を皆様のお陰で、無事になごみ薬局で開催できました。
在宅医療多職種連携ハンドブックをベースに、経営学と闘魂注入&課題提起させていただきました。
ワークショップデザイナーの和泉さんの司会が本当に素晴らしく、また主体的に参加された皆様の個性が強く、笑と涙が溢れるあっという間の1時間半でした。都薬、薬局エリアマネジャー、デイサービス施設長、病院管理栄養士、管理薬剤師、薬剤部部長、看護ステーションエリアマネジャー、新米訪問看護師、医療事務員、製薬企業、治験コーディネーター、医療系Rubyエンジニア、なごみ薬剤師などなど、、まさに多職種を超えた連結!!
集合知から新たな知恵が創造され、社会に還元されるよい循環をこれからも作っていきたいです。
今日の一期一会、お逢いできて本当に嬉しかったです。
第二回は3月28日(火)を予定しています。たぶん薬局に入り切らなくなりそうです・・
写真を撮っていただいた斎藤さん、時間を作ってくれたなごみ社員、本当にありがとうございました。
ご参加いただきました皆様、誠にありがとうございました!心より御礼申し上げます。
元気があれば、なんでもできる!今日の情熱を現場へ持ち帰り、発信し、地域の良さをのばして「心から元気に笑顔で」いきましょう!!だーっ!笑

「在宅医療で振り返らナイト!」
第1回を振返ります。
スライドを眺めていたら、あることに気がつきました。療養者の生活を支える、介護士、看護師、薬剤師、医師、、みんな忙しくて、つらくて、終わりのない仕事をひたすら頑張っている。参加者の中には、在宅医療に深く入り込みすぎて、つらくて辞めたいとまで言われている方が来られていました。
療養の山の話、これって、療養者だけに限らず、私たち人生の山と同じなのではないでしょうか。登るときは必死で、登った時の満足感、そして下山。絶望は希望を打ち消す話、これも私たちに当てはまります。絶望を希望に変える。共感によって絶望を忘却に変える。「幸せは、自分の心が決める」絶対無理と言われて諦めさせられた・・でも、植松さんのTED動画で述べられているように、思うは招く。だったらこうしてみれば?その一言を、社員や昨日の参加者さんに提案できればと思いました。
「専門性を捨てる専門性」「相手を知ろうとすることがケアの原点」誰からでも学べる。謙虚な気持ちで、在宅医療に関わる方にも関わっていこうと思えました。
「今とらえるべき課題は何か?」という課題設定から、病院ともつながりたい!そうすれば、最後の願いを叶えてあげられたかもしれないのに。ITでつながりたい、薬剤師もケアに参加したい、自分たちもこれからどう生きていけばいいのか?自分を変えたいなど。
僕は、地域がつながってきているのに、つながれていない、という意見があったのがとてもモヤモヤしました。
あまりの急激な高齢化に、対話すらできない流れ作業がそうさせているのかもしれない。マネジメントの力で生産性を改善し、倫理観と熱意ある人を育て、カフェでつながることで解決できないだろうか。体系化されてきた自立支援を自分に対して使う、そんなことを考えた一人振り返らナイトでした。希望を持たせる人達が、希望を持たナイト!!(^^)


全国の中学校図書室に置かれる本に紹介されました。

全国の中学校図書室に置かれるということで、インタビューうけました。なごみ薬局が本になると嬉しいです!!( ´ ▽ ` )ノ

私も薬剤師になろうと始めて思ったのは、中学のときでした。両親が一生懸命働いている姿をみて、もしも体調を崩したときには、自分が治してあげたいと思っていたのがきっかけで薬剤師を目指すようになりました。
高校で勉強する化学がとても好きで、新しい薬を作れたら沢山の人が救える!と思って薬学部に進学し、生化学研究室で嫌というほど研究した思い出があります。好きなことを仕事にできたら、一生好きなことをして生きていけます。
毎年中学生を受け入れて、薬の面白さ危なさの両面から正しい知識を知っていただき、社会に貢献できる仕事であることを伝えています。
最近の調剤薬局の仕事は、地域の多職種と連携できるコミュニケーションスキルだけでなく、専門性を発揮し、積極的に関わることが求められています。医療の供給インフラとして、医療情報の窓口としてやり甲斐のあるお仕事です。

薬が口の中に入る直前に止めることができるのは薬剤師です。

なごみ薬局は健康に豊かな社会にするために、毎日頑張っています。

中学生からお礼のお手紙と職場体験新聞が届きました。

なごみ薬局へ職場体験にきた中学生からお礼のお手紙と職場体験新聞が届きました。
地域への社会貢献の一環として、中学生に体験の場をもうけています。
今回は、将来薬剤師になりたい!という熱意ある女子3名で、新聞まで作成されていました。患者さんと向き合う姿勢や、薬剤師の医療に対する倫理観、仕事として働くことの大切さを学んでもらえたようです。
地域があるから、なごみ薬局が存在できているのだなぁと再認識できる良い機会でした。^^

なごみ薬局はスマートフォンのお薬手帳に対応しています。

なごみ薬局はスマートフォンのお薬手帳に対応しています。

明細書にQRコードがありますので、読み取ってお使いいただけます。
お薬の飲み合わせをチェックする際、患者さんに許可を得た上で、薬剤師がスマートフォンを確認させていただくことがあります。服薬、健康管理のため、どうぞご協力お願い致します。

アプリはこちらの日本薬剤師会からダウンロードできます。
http://www.nichiyaku.or.jp/e_okusuritecho/howto.html