新薬ラピフォートワイプ勉強会に参加しました

なごみ薬局薬剤師Aさんが新薬ラピフォートワイプの勉強会に参加、内容をシェアしてくれました😊

—————————

【外部勉強会報告】

「ラピフォートワイプ承認記念講演会」R4/5/22 10:00~12:15オンライン

※R4/5/23発売開始

●発汗のメカニズム

・体温上昇を感じると、視床下部の体温調節中枢を介して全身が発汗する。

・緊張すると、精神性発汗中枢から体温調節中枢に働きかけ、手掌や足底が発汗する。

・純粋に精神性発汗中枢から発汗量も増える。

●汗腺

・皮膚に分布。

・エクリン腺(水っぽい)とアポクリン腺(脂質やたんぱく質)がある。

・体温が上昇すると、視床下部の体温調節中枢が感知し、交感神経を介してエクリン腺が刺激される。アセチルコリンがムスカリン受容体を感知し発汗する。

・全身に分布するエクリン腺は36〜37℃を感知すると発汗する(閾値がある)。

・汗腺の密度は前額部、手掌、足底部が高い。発汗能は低いが、閾値がなく低温でも発汗する。

●原発性多汗症

・36℃付近の温度を感じると発汗するが、この閾値が低くなると常に発汗した状態になる=多汗症。

・睡眠時は発汗しないが、昼間は発汗する。

・発汗は左右対称に見られる。

・発汗量は女性より男性のほうが多いが、受診率は20〜30代女性が多い。

・主訴:「手汗で登り棒や鉄棒が滑って持てない」「試験用紙が汗で濡れてしまう」「自分から汗の匂いが出ているのではないかと不安になる」など。

小児においては、対人関係に不利益を生じたり、消極的な性格になったりするなどの影響を及ぼす可能性がある。

・重症度:自覚症状を4段階に分類し判定(HDSS1~4)。

・治療法:

内服→院内製剤の塩化アルミニウム、プロパンテリン(プロバンサイン)

外用→ソプピロンコーワゲル(エクロックゲル)

その他→イオントフォレーシス、A型ボツリヌス毒素局所注射。

・その場しのぎではあるが、市販の制汗剤を勧めることもある。

●ラピフォートワイプの概要

・一般名:グリコピロニウムトシル酸塩水和物

・効能効果:原発性腋窩多汗症(※手足底での適応はないため、部位に注意)

・用法用量:1日1回、1包に封入されている不織布1枚を用いて薬液を 両腋窩に塗布する。

・禁忌:閉塞性隅角緑内障、前立腺肥大による排尿障害

・使い方とポイント:

☆使用直前に開封し、左右の腋窩に1回ずつ塗布する。

☆塗布部位は20〜30秒で乾き、すぐ洋服を着ることができる。

☆入浴後に塗布がおすすめとのこと。

☆8〜10時間後に効果発現する。

☆使用後は手を洗う。

☆熱中症症状が出た場合は使用中止を検討する。

☆傷口には塗布しない。

・作用機序:汗腺細胞のムスカリン受容体に競合し、アセチルコリンの作用を阻害する。

・第3相試験の結果:

使用後1週目からHDSS2以下(発汗は我慢できるが日常生活に時々支障をきたす)自覚症状の改善あり。

使用後2週目〜52週目 で発汗量抑制あり。

●感想

・珍しい剤形で老若男女使いやすそうであった。今後ラピフォートの処方が来たら指導で活かしたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA